さんかく窓の外側は夜のロケ地撮影場所はどこ?目撃情報や感想、口コミも調査!

ロケ地

あの人気漫画「さんかく窓の外側は夜」が実写映画となって2021年1月22日(金)に公開が決定しました。岡田将生さんと志尊淳さんのダブル主演に加え、欅坂46を卒業後初の映画撮影をした平手友梨奈も出演され話題となっています。今回は、そんな「さんかく窓の外側は夜」のロケ地を中心に調査していきます!

 

さんかく窓の外側は夜とは

人形漫画家•ヤマシタトモコさんの大ヒット作品が原作となっています。累計発行部数が130万部を超えている人気作品を岡田将生さん志尊淳さんのダブル主演で描きます。そして、キーパーソンとなる役に欅坂46を卒業後初の作品となる平手友梨奈さんが出演されます。メガホンをとるのは、数々のCMや「時効警察はじめました」などでも監督を務める森ガキ侑大監督、脚本は「本能寺ホテル」を手がけた相沢友子さんが担当します。また、本作はワタナベエンターテイメントと松竹の共同制作の第一弾となる作品です。

 

「さんかく窓の外側は夜」の撮影場所、ロケ地はどこ?

青馬堂書店本店(神奈川県横浜市鶴見区矢向6-12-11)

志尊淳さん演じる三角康介の勤務先となる書店はこちらです。

 

武蔵野音楽大学附属高等学校 入間キャンパス バッハザール(埼玉県入間市中神728) 

三角の階段が印象的ですが、武蔵野音楽大学附属高等学校の内部でした。一般の方は入れません。平手友梨奈が撮影されていたようです。

 

Full Monty British Pub &Cider House周辺(神奈川県横浜市中区福富町西通41北原ビル1F)

こちらでは、平手友梨奈さんが撮影されていました。

 

三郷市役所(埼玉県三郷市花和田648-1)

引用元:http://www.city.misato.lg.jp/secure/18603/syoumen.jpg

三郷市役所はロケ支援として、市役所内を貸し出しているようで、下町ロケットでも使用されていました。滝藤賢一さんや志尊淳さんの撮影に使用されたようですね。

 

ロケ地での目撃情報は

 

「さんかく窓の外側は夜」のあらすじと見どころ

《予告動画》

 

《あらすじ》

幼い頃から幽霊が見えてしまうことに悩んでいる三角康介は、書店で働いている。そこへある日除霊師の冷川理人が訪れ、「僕といれば怖くなくなりますよ」と言われ三角は、冷川と一緒に除霊の仕事を始める。そこへ刑事の半沢が現れ、2人に1年前に起きたある事件の捜査協力を持ちかけられる。捜査をする2人は、自殺した犯人の霊と出会う。犯人の霊は「ヒウラエリカにだまされた」と恨みの声が聞こえてくる。犯人の霊の情報を頼りに捜査を続ける2人は、呪いを操る非浦英莉可を見つける。ヒウラエリカと犯人の関係は?そしてたどり着く結末は?

 

《見どころ》

見どころの1つは、霊をテーマした作品ですのでやはり三角と冷川の除霊シーンはではないでしょうか。冷川が三角に触れるとフラッシュバックしたり霊がはっきり見えて、冷川が除霊するというバディを組む2人ならではの除霊です。また、平手友梨奈の演技にも注目が集まっています。

 

「さんかく窓の外側は夜」の感想と口コミ

《感想》

平手友梨奈さんの演技がよい…!
クールで人間離れした遠い存在が少しずつ共感に寄ってきて最後に…です

とにかく!悪意が増幅しやすい現代にぜひ見てほしい映画です!

序盤はリアルな怖さにどっぷり引き込まれ、たっぷり脇汗をかきました。
見終えたら自分にもこんな運命があるのかもなと考えて、温かい気持ちになれる作品。
帰り道、交差点でキョロキョロしてみました。

《口コミ》

怖いのは苦手で避けてたけど、さんかく窓は見に行きます!!<br>撮影中の、3人の仲良さそうな関係性も好きです。<br>これから公開までの情報解禁も楽しみにしながら、待ってます

 

さんかく窓の外側は夜、実写映画になるんすかっ!?まじか…みたいわぁ気になるわぁ

 

さんかく窓の外側は夜、一気読み!ずーっと積ん読だったので、やっと読めて嬉しい、、、!ヤマシタトモコ先生だいすき~~!!映画も早くみたいな~~!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?!「さんかく窓の外側は夜」はミステリーですが、現場はとても楽しかったようです。岡田さん、志尊さん、平手さんと3人がとにかく仲良しでSNSではさんかく三兄弟なんて呼ばれています。そんなチームワーク抜群のこの映画は、ぜひ映画館でお楽しみください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました