あのこは貴族のネタバレあらすじは?原作や見どころ結末も調査!

邦画

2021年2月26日(金)より公開される映画『あのこは貴族』。

「アズミ・ハルコは行方不明」、「ここは退屈迎えに来て」などの人気小説でお馴染みの山内マリコさんの同名小説が待望の映画化!

出演されるのは、実力派女優・門脇麦さんやモデルとしても世界的に活躍されている水原希子さん、国民的イケメン俳優の高良健吾さんなどの豪華俳優陣ばかりです。

 

そこで今回は、映画『あのこは貴族』の公開に先立ち、作品情報やキャスト、あらすじ、ネタバレなどを詳しく調査していきましょう。

 

知れば知るほど「はやく観たい!」という気持ちが湧いてくるような素晴らしい作品になっているようです。

 

では、さっそく本題に入っていきましょう。

 

あのこは貴族とは

映画『あのこは貴族』は、2021年2月26日(金)より全国の映画館にて公開されます。

原作は山内マリコさんの同名小説で、山内マリコさんといえばこれまでも数々の人気小説をこの世に生み出してくれた素晴らしい小説家ですよね。

 

作品の中では全く違う生き方をする2人の女性が登場し、その女性たちを門脇麦さんと水原希子さんが熱演されています。

映画『あのこは貴族』では、女流階級に生きる女性のお話が描かれていますが、どれだけお金があろうとも“女性”としての悩みは皆同じ。幸せな結婚をしたいし、愛されたいという気持ちはどんな女性だって持っているはず。

 

果たして、門脇麦さんが演じる・華子、水原希子さんが演じる美紀、はそれぞれ自分が願う幸せを手に入れることができるのでしょうか?

 

あのこは貴族の作品情報

作品名:あのこは貴族

公開日:2021年2月26日

製作会社:東京テアトル、「あのこは貴族」製作委員会

配給:東京テアトル バンダイナムコアーツ

上映時間:124分

監督:岨手由貴子

原作:山内マリコ

出演:門脇麦、水原希子、高良健吾、石橋静河、山下リオ、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい、山中崇、高橋ひとみ

あのこは貴族のキャスト、スタッフ

キャスト

榛原華子:門脇麦

時岡美紀:水原希子

青木幸一郎:高良健吾

相良逸子:石橋静河

平田里英:山下リオ

 

スタッフ

監督:岨手由貴子

原作:山内マリコ

脚本:岨手由貴子

プロデューサー:西ヶ谷寿一、西川朝子、宮本綾

撮影:佐々木靖之

 

あのこは貴族のあらすじ

“都会に生まれ、箱入り娘として育てられた20代後半の華子。「結婚=幸せ」と信じて疑わない彼女は、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手段でお相手探しに奔走し、ハンサムで家柄も良い弁護士・幸一郎との結婚が決まるが……。一方、富山から上京し東京で働く美紀は、恋人もおらず仕事にやりがいもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。そんな2人の人生が交錯したことで、それぞれに思いも寄らない世界がひらけていく。”

女性は出産や育児のことなどを考え、「早く結婚しなきゃ」という思いがあり、年齢とともに周囲からも「結婚はまだなの?」という圧がかかりだしますよね。

女性としての悩みは上流に生きる女性であろうと、同じ悩みを抱えています。

 

華子と美紀は出会ったことをきっかけに、どのような世界が見えてくるのでしょうか?

果たして、2人が見えた世界とは…?

 

あのこは貴族のネタバレ、結末や見どころは?

※以下、ネタバレが含まれますので、ご注意ください。

 

門脇麦さん演じる華子の家は、病院を経営する超お金持ち。

華子は箱入り娘として育てられ、家族もとても仲が良かったのですが、「結婚」に対して深く悩む年代“アラサー”。

 

「今年こそは結婚したい」と思い、年越しの食事会の場で自分の彼氏を家族に紹介しようと試みますが、直前になって華子の重たさを理由に振られてしまうのです。

 

華子の家族はお見合い計画を企てますが、その中には華子の気に入るような男性はいませんでした。

そこで華子は自分の力で出会いを探し出そうと行動し始めます。

しかし、箱入り娘として育った華子は相手に求める条件が厳しすぎるが故になかなかいい男性とは出会えずにいました。

 

そんな時、華子の姉の夫が一人の男性を紹介してくれます。

その男性とは、高良健吾さんが演じる幸一郎です。

幸一郎は弁護士をしていて、華子は「これが運命の人だ」と直感で感じ、とんとん拍子に話が進んでいきました。

 

しかし、幸一郎には欠点が。

それは「女は○○するもの」という思い込みが強く、華子を一個人として扱ってくれることもなく、華子に対して本音で話してくれることもなかったのです。

 

華子と幸一郎の結婚が成立しそうな時、大きな事件が起きます。

華子にとって強力なライバルが出現するのです。

その女性は、水原希子さんが演じる幸一郎の大学の同級生、美紀。

 

美紀は働くラウンジに幸一郎が偶然来店し、2人は意気投合。

次第に美紀は幸一郎の都合のいい女となり、それは幸一郎が華子との結婚を決めても、変わらないままでした。

 

しかし、幸一郎の二股生活は長くは続きませんでした。

石橋静河さんが演じる華子の友人である逸子が幸一郎と美紀の関係を知ってしまうのです。

 

逸子は2人を会わせ、「本来なら憎みあうべきではない美紀と華子が、幸一郎という男に振り回されることによって、無駄な争いが生まれている」と熱弁し、それを聞いた華子と美紀も納得します。

こうして、華子と美紀は完全に手を組むことを決意するのです。

 

時は経ち、ついに華子と幸一郎の結婚式。

会場に姿を見せた美紀の姿に幸一郎は言葉を失い、それ以降幸一郎が美紀を呼び出すことはなくなりました。

 

華子は幸一郎との新婚生活が始まりましたが、日々忙しく働く幸一郎との生活は本当に退屈で、自分が憧れていたようなものとは全く違ったのです。

「結婚すれば幸せになれる」なんて幻想だったことに気付いた華子は、離婚を切り出します。

もちろん、幸一郎も両家の両親たちも猛反対。

しかし、華子はこれ以上結婚生活を続けることはできず、家を飛び出して逸子の元へ。

華子はバイオリニストとして活躍する逸子のマネージャーとして働くことになり、30歳にして初めてきちんとした仕事・自由・責任を手に入れます。

 

華子は、幸一郎や美紀との出会い、逸子の言葉などを通し、「結婚だけが幸せではない」と気づかされるのです。

 

あのこは貴族の口コミ、評判は?

あのこは貴族ていう映画の予告流れたけど完全に好きな百合で観に行こっかな〜てなってる
『あのこは貴族』を共感Maxで一気読み。婚活って自分を見失う危うさがある。結婚に何を求めるのか。富裕層の妻というステイタス?社会や家族のため?それらを成し遂げたとして誰が自分の幸せを保証してくれる?結局自分の幸せは自分でしか生み出せない。
もう予告だけで泣けてくる
早くみたいなあ
あのこは貴族試写会申し込んでみた!小説すごく面白かったから当たるといいな。
麦ちゃんが出てる「あのこは貴族」のトート付きムビチケ買えたから良かった〜。映画楽しみにしてます!

小説もとても人気で、特に女性からの共感度はかなり高いようです。

華子のように結婚に対して悩みを抱えている方は、ぜひご覧になってみてくださいね!

少しはすっきりするかもしれません!

 

あのこは貴族の原作は

映画『あのこは貴族』の原作は、山内マリコさんの同名小説です。

2015年に小説すばるに連載された後、2016年に集英社文庫から刊行されました。

 

“本当の幸せ”について考えたい時に読みたい一冊になっています。

映画を観る前に原作を読むのも、映画を観てから原作を読むのもありですね!

 

まとめ

今回は、映画『あのこは貴族』についてご紹介させていただきました。

 

原作もとても人気で、特に「結婚」について悩んでいる女性からの支持を集めています。

結婚したい方もそうでない方も、共感できる部分が多い作品なので、ぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました