BARATEE

おいしい生活。


僕は食べることが好きです。せっかく食べるなら美味しいもの、
そして素敵な空間がいいと思っています。
静岡の渡部になりたい!…とは思ってはいませんが、
佐々木希さんとは一緒にご飯は行ってみたいです。笑。
素敵な大人は、食べる時間を上手に過ごせることがひとつの条件だったりするんじゃないかと
会計上手も含めて、僕もそんな食べる時間を大切にできる大人になりたいと思ったりしています。
写真は、弊社サンクデザインオフィスのとなりにオープンしたニクラックというお洒落なお肉屋さんの写真です。グラフィックツールをいくつか作らせていただいた時に撮影したものです。隣においしいお肉屋さんができるのも、ご縁と勝手に思いまして、さらに食の探求を目指していこうと心がけています。


先日、岡部でO’KEEFFE FURNITURE(オキーフファニチャー)という
ショップを運営している平盛太基さんからカタログが届きました。
平盛さんはお父さんが運営しているBase(バーズ)とのお付き合いの流れで
以前BARATEE5号で取材をさせていただいた方で家具職人であります。
彼からいただいたカタログのご案内に
「ぜひBARATEEでスモールギャザリングの取材をしてください。」
との文言が添付されておりました。


カタログから写真を抜粋させてもらいましたが、
スモールギャザリングとは親しい友人や家族とテーブルを囲んで、
ワークショップや料理、食事などを楽しむことだという。
意識高そうだなぁー、と思ったりもしてしまう僕ですが、きっとこういう食の楽しみ方がこれからのスタンダードになるのかも知れない。どこどこのお店が美味しいとか、あれは食べたことがあるかとか、そういった楽しみ方もひとつだけどスモールギャザリングのようにゆっくりと素敵な仲間たちと語らうこともとても素敵な時間の過ごし方だと正直思います。まだまだ自分にはその時間を上手に過ごせるかは自信がないけれどいつの日かBARATEEできちんと取材をして、そういう大人の楽しみ方を深堀りしてみたいと思います。
オキーフさんたちの取り組みはとても実直で、真似したくてもできない自分がいて、なんだか嫉妬してしまうほどですが、こうして言葉をいただけることは誇りにも感じるし、やってみようという気にもなります。

とはいえ、飲んだくれてグダグダと語らっている自分も嫌いではありませんので、
そういったお誘いは引き続き募集中でございます。笑。

Return Top