BARATEE

京都とカレー。


先日、休みを利用して行ってきました、京都。
春の陽気に鴨川のほとりで過ごしている人もたくさんいました。
錦市場に貴船神社、大原、と一通りの京都を回り、
今回の一番の目的地は本屋。
行ってみたかった、恵文社一乗寺店と、誠光社へ。
恵文社一乗寺店は、ステーショナリーや洋服、キッチン用品など生活雑貨の取扱いや、イベントスペースの併設など、今では一般的になった本+〇〇を先駆けて提案したと言われているお店です。
後に紹介している本にも書いてますが、恵文社では、昔から書棚ごとに選書を担当するスタッフがいて、学生アルバイト〜社会人スタッフまで書棚ごとに人の趣味・趣向が色濃く反映され、一つ一つの棚には同じ感覚感性を持ったファンが集まっています。担当者が変われば書棚が変わり、お客さんも変わっていく。
書棚を通じて小さなコミュニティが生まれているようです。

そんな恵文社を支えてきた堀部篤史さん(元店長)が独立して立ち上げた本屋が、誠光社。
恵文社の考えを受け継ぎつつ、取次店を通さずに直接本を仕入れるなど、新しい本屋のあり方を提案しているお店です。コンパクトな店舗は、街の本屋さんという印象ですが、それぞれが選ばれている理由を感じるような書籍のセレクト。京都の老舗の喫茶店 六曜社とかもがわカフェのオリジナルブレンドも注目です。

誠光社で本を購入。
堀部篤史さん著「街を変える小さな店」
堀部さんが恵文社一乗寺店の店長だった時に出した書籍で、京都のいろんな個人店から商いのヒントを学ぶというもの。京都に限らず、商いをやっている人にとっては参考になると思います。
本屋は本を買うだけでなく、メディアとしていろんな発信を行っていることを改めて実感。BARATEE12号ではこれらの本屋、日本各地の本屋をメディアという視点で紹介しているので、ぜひご覧ください。

そして!
せっかく京都に行ったので、もちろん食べてきましたよ、カレー。
市役所近くにある、インドレストラン「ムガール」というお店。
事前に現地の人に聞いたお店で、遠くからここを目指してくる人も多いとのこと。
ぱっと見はよくありそうな薄暗いインド料理屋で、いろんな意味で間口は狭い…
HPにも書いてますが、ルイヴィトンが発行しているガイドブック「ルイヴィトン シティ ガイド京都・奈良版」に唯一のインド料理店として載っているお店で著名人も多く訪れるそう。


ランチセットは5種類のカレーの中から2種類を選び、サラダ、トマトスープ、コーヒー(or ラッシー)がつきます。これで1200円。
この時は、チキンとマトンをチョイス、味は繊細かつ濃厚で、文句なし!

ぜひ、近くに行った際は寄ってみてください。

では、次回の1皿もお楽しみに。

 

Return Top