BARATEE

散歩人がゆく! 〜伊豆シャボテン動物公園(1)〜

どうも! 動物園散歩人のさかいです。

メインゲート!

本日はこちら!
伊豆シャボテン動物公園へ、
BARATEE編集部・外岡とともに、行って参りました!

メインゲートで副園長・竹田さんが出迎えてくださり、
さっそく園内を歩き始めます。

「さかい:あ、そういえば、ビルさんはお元気ですか?」
「竹田さん:ええ、元気ですよ。冬にちょっと体重落ちちゃったんですけど、今はだいぶ戻りました」
「外岡:???」

乗っけからこんな感じです。

で、噂の「ビルさん」とは…
こちら↓

ハシビロコウのビルさん

推定年齢44歳以上、飼育個体では世界最高齢といわれる、
ハシビロコウのビルさん(雄)です。
※飼育しはじめた頃にはすでに成鳥だったそうなので、
44年以上は生きているということになります。

ふりふりふりふり〜…

私たちが近づくと、
顔を左右に振りながら、深々と頭を下げるビルさん。

「さかい:外岡さん、ビルさんがお辞儀してくれてますよ!」
「外岡:あ、ほんとだ…! でも、ハシビロコウってあんまり動かない鳥じゃなかったですっけ?」

そう、実はこれ、
ハシビロコウ流の挨拶で、
心を許した人にだけ見せてくれる行動なのです。

「竹田さん:ハシビロコウはとても記憶力のいい鳥で、以前飼育をしていた私のことも覚えているので、今でもこうして挨拶してくれるんですよ」
「さかい:ビルさんのお辞儀が見られるのは超レアですよ!(激アツ!)」
「外岡:そうなんですね…!」

同じ制服を着ていても、馴染みのない飼育係には絶対にお辞儀をしない(そしてつつく!)という硬派なお方、ハシビロコウ。
新しく担当になった人は、まずはビルさんにお辞儀をしてもらえるようになるのを目標にするのだとか。

*  *  *

さて、時間も限られているので、先を急ぎます。

足早に向かう先には…

でーーーん!

ブラッシングで骨抜きになっている、ブラジルバクのなにわ君

はぁーーーかわいい。
「かわいい」という言葉の苦手な私が、
かわいいと連呼せざるをえない動物…そう、ブラジルバクです。
この、ブラッシングで骨抜きになっているのは、オスのなにわ君。

おやつをもらってご満悦のコハルちゃん

葉っぱをもらってご満悦、メスのコハルさん。
(やっぱりコハルさんは美バク…)

放っておくと、本気で一日中ここにいてしまうので、
サクッと次へ向かいます。

今年生まれの子と母マーラ

こちらはマーラの親子。
(一見ウサギのようですが、じつはモルモット(テンジクネズミ)のなかまです)

春から夏にかけては、動物たちのベビーラッシュ。
動物園でも、あちらこちらで今年生まれの赤ちゃんが見られます。

まだまだご紹介したい動物がおりますが、本日はここまで。
(2)へ続きます(・U・)ノ

Return Top