BARATEE

BARATEEってどんなメディア?中編/マガジンBARATEE&タブロイドBaratee

そもそもBARATEEってどんなメディアなんでしょうか?って思う人もいっぱいいますよね!
ひとことで言うのはなかなか難しいのですが、簡単に言うと大人が楽しく暮らせたらいいなぁと思って
始めた雑誌です。紆余曲折あったのですが、もとをたどればそんな感じ。
僕たち大人たちが楽しく暮らしていなきゃ、若者たちや子ども達に明るい未来を提供なんて
できやしないって思って、なんとか頑張って発行している本なのです。
でも、楽しく暮らすのってなかなか大変ですよね。笑。

おいしい暮らしってなんだろう?をテーマにカルチャーマガジンを創刊

フリーマガジンBarateeは7年の歳月をへて、有料誌へと進化を遂げました。これがバラッティにおける2nd waveの到来である!!(と勝手に言っておく) 提案力や機動力を活かし県内外を独自で取材編集。自分たちが気になることをとことん掘り下げるスタイルになり、名実共にカルチャーマガジンらしく。見た目的にも、表紙もロゴもスッキリデザインへリニューアル。ペンギンキャラもここから登場。これまでのファンの皆さんにも気付いてもらえるようにと、フリーマガジン時代のロゴを掲げたタブロイドBarateeも同時に創刊。ライトに楽しむフリータブロイドと、じっくり楽しむ有料誌、それぞれ楽しんでいただけるよう模索し発信してゆきました。
BARATEE HISTORYより)

フリーマガジンを7年間発行した後に、ついに有料誌であるBARATEEを2015年に発行しました。
ほとんどの人に有料にして大丈夫?って言われました。大丈夫なんでしょうか?
多分大丈夫じゃないんじゃないでしょうか?笑。
それはともかく、僕たちはデザインプロダクションで、出版社ではありません。ならばできることは僕たちがいいと思ったことを発信するのみ!そうしたらいいと思ってくれる人が買ってくれるんじゃないか!ってことでやってみました。(案の定世の中そんなに甘くはない!笑。)いろいろ大変なことが後々待ってますが、まずはやってみよう!ってことで始めてみました。今度は取材もトコトン、儲けも省みず、とにかく気になるモノ・コトを発信してみました。ひとつひとつを真剣に掘り起こしていくことは神経がとてもすり切れますが、得ているものもいっぱいあるのでしょうね!(と、前向きに考えてます!)

タブロイドは12号をもちまして終了しましたが、もともとフリーマガジンを7年間作っていたので今までのお客様とのお付き合いだったり、各地で楽しみにされているユーザーたちへの発信だったりまだまだフリーで届ける活動も少し続けていった方がいいだろうということで同時に始めました。こちらは時代の変化もあり、多くの人へと届けることはウェブマガジンの役割ということで2年間で終了しました。ただ、カルチャー的なタブロイドはいろんなところで好評でしたのでやりたい人がいたら、全くお金はいらないので(笑)、ぜひ続けてもらいたいと思います。
誰かやりませんか?笑。
ということで、次は最終のマガジン&ウェブマガジン編です。こうご期待!

Return Top