BARATEE

スマホ、はじめました。

はじめまして。
BARATEE編集長の孕石(はらみいし)です。
この度バラッティではウェブもリニューアルさせていただきました。
合わせて僕も個人的に発信をきちんとしようと思い、
ここにブログを開設させていただきました。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、ブログでどんなことを発信しようかと考え、
僕は雑誌のBARATEEでもコラムを担当させてもらっているので
やはりそのタイトルと同様〈大人のセンス〉について感じたこと、
思ったことを書き留めていこうと思います。

実は僕、BARATEE編集長やデザインプロダクションの代表という立場にいながら、
スマホというものをやっていませんでした。
もちろんFacebookやツイッターといったSNSなどのデジタルの
コミュニケーションツールとも全く縁がなく、アナログといったらいいのか…
まー、そんな生活をしてまいりました。
「なぜ、スマホにしないの?」と何度も言われてきたのですが、
なぜかと言われてもなくてもとりあえずやれていたから…なのかなぁ?
と同時にもしかしたらあえて…なのかも知れないなぁとも思ったりしたのでした。
それはちょっと分からないままであってほしいことが
僕の中ではいっぱいあるんじゃないのかなぁ…と。
誰がどこで何をやってるか…とか、悪口も含め、
世の中では分からないままであった方がいいことがいっぱいあるような気がして…
そういうものがスマホをもつことで、
どんどん入ってきてしまうような気がしたのもひとつの理由なのかもしれません。


そんな僕が スマホ、はじめてみました。
なぜか?と言われたら、もちろんないとそろそろいろんなことに不具合がでてきた…
というのが率直なところなのですが
もうひとつ、それは〈発信する〉という活動を個人レベルでも
やったほうがいいんじゃないか…その役割が僕にはあるんじゃないかと感じたのです。
もちろんそれはスマホを使わなくてもできるのですが、写真をとり、文章を書き、
調べものをして…ということをするにはとても便利なツールなのかなぁと
率直にそう感じました。
なぜ今〈発信する〉活動を個人レベルでも始めようと思ったかは、
いろいろ理由はあるのですが、分からなくてもいいものが世の中にあるように
分かったほうがいいものもいっぱいあるのかなぁと…。
僕自身が世の中に発信していけるほどではないのは分かっていますが、
その役割はあるような気がして…。
だから一度〈発信する〉をこのブログを通して始めてみようと思いました。
合わせてスマホもはじめてみました。

先日、甲賀雅章さんとお話する機会がありまして、(BARATEE9号デザイン特集では大阪編で登場!)
彼の人生は i-pad で大きく変わったという。
それはアナログからデジタルへ…ということではなく
彼にとってはi-padはアナログツールなんだと。
本もいっぱい読むようになった、音楽もいっぱい聞くようになった、
絵もi-padを使っていっぱい書いているということだそうだ。
僕が分からなくてもいいと思っていたことに、
もしかしたら分かったほうがいいこともいっぱいあったのかも知れない。
今度は逆の立場でそう思ってもらえるような「大人のセンス」につながる
いい話をちょっとずつ発信できればと思う。

ただ僕にとって、スマホはまだまだ付き合いづらいじゃじゃ馬のような、
そんなめんどくさいヤツでしかないというのが現在の心境です。笑。

Return Top