BARATEE

カレー vs ラーメン

昨日、BARATEE13号が無事入稿をしました。
7/21発行までもう少々お待ちください。(すみません!1日遅れそうです!)

この2ヶ月間、編集部の周りは常にカレームードが高まっていました。(もちろんコーヒーも)
ランチ時はオフィス内でどこからともなくカレーの香りが漂い充満し、打ち合わせで一旦外へ出れば無意識のうちにカレー屋で一服。本誌にも書いていますが、カレーの連鎖がいろんなところで起こっていました。

そんな絶賛製作中の深夜に、コンビニで見つけたこちら。

銀座デリー監修のスリランカ カレーラーメン。
https://www.myojofoods.co.jp/ginza/delhi/index.html

デリーといえば、創業60年以上を誇るインド・パキスタン料理のお店で、多くのカレー好きたちが足繁く通う名店。刺激的な辛さが特徴のカシミールカレーに、心奪われる人も多いようです。浜松の伝説のカレー屋ボンベイの店主が修行していたお店であり、カレースター水野さんもお気に入りのお店です。
https://www.delhi.co.jp/


デリーが監修したカレーラーメンということもあり、食べないわけにはいきません。
店頭のメニューに合わせて、トマトとココナッツ、魚介の効いたスープ。
ほんのり香るココナッツとスパイシーな辛さが、病みつきになります。
大きめの具材、スープが麺とよく絡み合って、飽きることなく間食しました。
なんなら、ご飯にかけて食べてもいけそう…

ところで…カレーとラーメンは、割と近しい存在だという話を聞きます。
全国にいろんな味があって、店主が秘伝のレシピを持っていて、熱狂する人たちがいて、思い出の味があって…
昼飯はカレーにしようか、ラーメンにしようか、そんな2択になることもある。

でも、今回の取材中に『ラーメンは競争するけど、カレーは競争しない。むしろ、カレーはみんなで楽しめる。』そんな言葉を聞き、妙に納得。

キャンプでラーメンは出てこないけどカレーは出てくるし、喫茶店でラーメンは出てこないけどカレーは出てくる。
そう、カレーは懐が深い!
カレーラーメンはメインのラーメンを引き立たせるべくカレーが脇役になっている。
カレー味の〇〇ってものが世の中にはあふれているけど、全てはカレーの許容の広さがあってこそ。

そんなカレーの懐の深さを知りたい人は、BARATEE13号へ。

Return Top