BARATEE

華麗なるカレーな日々。

今号のタイトルは『カレー、ときどきコーヒー。』

ただでさえカレーってチョイスしやすいメニューなうえに、夏だし、
これまた特集ということで、我々の潜在意識は日に日にカレーに侵蝕されていきました。

カップヌードルもカレーを選ぶ。弊社お隣のお肉やさん&デリの『ニクラック』さんでもカレーを選ぶ。
取材の合間のランチももちろんカレー。(取材ではないのに)

別の日の取材のランチもカレー。(取材ではないのに)
なんとなく入ったお店が有名店だったらしい。いよいよ“カレー嗅覚”も覚醒の予感。

夕暮れのなか、大量の玉葱を切る男に会いにゆく。
(われらのカレースターの活動の様子も熱烈レポートしておりますのでぜひ誌面で。)通りすがりのスープストックの看板すらいよいよカレーに見えてきた頃、
かのPOPEYEとまさかのカレーカブリが判明したところで、BARATEEも刷り上がって参りました。(マガジンハウスさんとは気が合う、と勝手に思っている)
弊誌はカレーを通して「人」を取り上げている感じですが、勿論静岡のカレーの名店もご紹介!
そうそう、忘れちゃいけない、コーヒー。
“あの人”と“あの人”の間にある、ゆるく心地いい空気を共有できてしまうページ。
おとなのゆる文化的ライフスタイル。こちらは必見です。

今号から表紙のデザインもリニューアルされました。表紙の写真はあえてのコーヒー側からのチョイス。このカンジ、この雰囲気がバラッティぽい。って皆さんにも思ってもらえるといいなあ。

13号、カレー、ときどきコーヒーはこちらから

Return Top