BARATEE

Discover Japan編集部を訪れる。

BARATEE12号のインタビューはDiscover Japanの編集長の高橋俊宏さんです。 Discover Japanはエイ出版が発行している日本の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する雑誌だ。 高橋さんからはDiscover Japanの成り立ちから、最近の取り組みまでいろんなことを聞けました。 弊社が出しているBARATEEが今、一番真似したい雑誌があるとしたら、Discover Japanだろうと思います。 そんなDiscover Japanの取材方法やデザインについて、何か秘密が見つかるんじゃないかと 虎視眈々と取材をしてまいりました。結局のところ人と人のつながりが一番というところに落ち着きましたが…。(笑) 編集長の高橋さんはもともと北欧スタイルの編集もやってたりしていて、そこで出会った北欧のデザイナーに 日本の魅力を懇々と説明されたのが、Discover Japanの成り立ちだそうです。 もっと面白いお話もいっぱいあるので本誌にてお楽しみくださいね。

また、エイ出版では雑誌の出版だけにとらわれない取り組みも行っています。 エイ出版のそばにある用賀倶楽部も彼らの運営によるものです。 そこではレストラン、パン屋、そして本屋さんという複合的な施設で、 多くの方が様々な楽しみ方をしています。 高橋さんのインタビューでも、これからの時代はより立体的な発信が多くなっていくだろう というお話がでていましたが、エイ出版では、これらだけに留まらず ビンテージポルシェのショップだったり、工務店だったりと、もはや出版社とは言えないくらいの取り組みを行っている。 私たちも今回の特集では、メディアの役割は媒介だけにとどまらないというのがひとつの答えでもあり BARATEE編集部もこのウェブメディアを使ってさらなる立体的な取り組みへとチャレンジしていく。

今回、Discover Japanを取材させてもらって従来の取り組みにあまり固執しなくても いいのではないか…という気持ちがより強くなった。 大切な日本の文化を表現しようとするDiscover Japanが、様々な取り組みをしようとしているのは ひとつの答えなんじゃないかと、そう感じました。 いつの日かDiscover JapanでBARATEEが取材されるように静岡代表となれるように これからも毎日毎日を一生懸命発信していきたいと、そう思いました。もっと読みたい方はぜひBARATEE12号をお買い上げください!

Return Top