時事ネタ

大橋ひとみ理事長の学歴・経歴やパワハラ内容は?「大橋医療高等専修学校」

投稿日:


埼玉県川口市の准看護師学校「大橋医療高等専修学校」で、理事長のパワハラで生徒達の自主退学が相次いでいることが分かりました。

この学校の理事長は、大橋ひとみ理事長。いったいどんな人物なのでしょうか?
詳しく調べてみました!

大橋医療高等専修学校で自主退学相次ぐ

埼玉県川口市の准看護師学校「大橋医療高等専修学校」で、理事長のパワハラが原因とみられる自主退学が相次いでいることが「週刊文春」の取材でわかった。生徒の約半数が退学しているという。

問題が起こっているのは、学校法人愛輪学園が運営する「大橋医療高等専修学校」。2016年に設立され、医師や看護師の指示で診療補助を行う准看護師を養成する2年制の学校で、大橋ひとみ氏が理事長を務めている。

「『生徒同士が助け合うアットホームな雰囲気』という説明会の言葉で、入学を決心しました」(現役生徒)

だが説明会の言葉とは裏腹に、同校の卒業率は低い。例えば今年3月卒業の5期生は31人が入学し、卒業したのは15人と約半数だ。日本医師会の調査によると、准看護師学校の卒業率は約75%。半数というのは異常な数字である。また現在も通っている6期生は37人が入学し、2年生に上がったのは19人だけである。一体なぜなのか。

「原因は大橋先生のパワハラです」

こう語るのは別の生徒だ。同校は大橋氏も授業を持つが、まともに授業をしないことが頻繁にあるという。

准看護師を養成する2年の専門学校なのですが、卒業したのは入学の半分。半分というのは異常な数字であり、かなり退学者が続いていることが分かりますね。

いったいどんなパワハラがあったのか、気になります・・・。

パワハラがあった大橋医療高等専修学校の場所は

パワハラがあった大橋医療高等専修学校は、こちらです。

住所:〒332-0017 埼玉県川口市栄町2丁目7−16

大橋ひとみ理事長のパワハラ内容

では文春に掲載された、理事長のパワハラ内容をまとめてみました。

・「説教が長い。例えば授業中に指され、少し答えに窮すると、『何で分からないの』と説教が始まる。時には90分×2コマ分、説教で終わることもあるし、『カス』『アホ』『認知症』などの暴言を吐くこともある」

→昼休みも説教を続けた

・日直が学級日誌を書かなければならないが、「ほぼ説教だけで授業が終わった日も、ちゃんと授業が行われたと書くよう、大橋先生から指示される。実際はやっていない授業内容を記載したり、今後の目標を何となく書くしかないのです」

こうしたパワハラに怒った生徒たちは、なんと授業の音声を録音したそうです。
その録音されていた音声内容も、一部公開されています。

・病院実習の休憩中、生徒が笑ったことを「何回言ったら分かるんだ。うちの猫だって1回で分かるよ!」と一喝。そして、こう吐き捨てるように言った。

→「守りたい。利用者を、患者さんを、ヘルパーさんを。あなた達から。下品な害虫から!」と罵倒

・卒業を盾に生徒を脅すこともあった。6月15日の音声では、次のように大橋氏は明言している。「次やったら全員実習中止だよ。そしたらみんな卒業できない。お願いされたって無理だから。どうする?」

これらの内容は、明らかに脅しですよね。
卒業をネタに脅し、なぜこんなにも暴言を吐くのでしょうか?

ちなみにこれらの暴言に対して、大橋ひとみ理事長は

「辞めた子たちが言ってるんでしょ? お答えできません」

とかなり強気の態度を見せているようです。これだけ音声の証拠も残っていて、よくこんなに強気でいられますよね・・・。

大橋ひとみ理事長の顔画像やプロフィール

名前・大橋 ひとみ
年齢・60代
資格・准看護師、看護師

現在分かっているプロフィールはこちらです。

おおよその年代と、持っている資格については文春の取材で生徒たちからの情報で分かっています。

しかしこれ以外の詳しい情報は、今のところ公開されていません。

大橋ひとみ理事長の学歴や経歴

大橋ひとみ理事長の学歴や経歴を調べてみたのですが、学歴や経歴などは公開されておらず、ホームページなどにも記載がありませんでした。

そもそも、理事長の情報や学歴、経歴が公開されていないというのも不安がありませんか?

立派な学校紹介のYoutubeもありましたが、学校の内部ではパワハラが行われていたと思うと恐ろしいですね。

世間の反応

・医師として働いていると、病棟などで叱責されて泣く学生や、平然と無視する看護師を見かける場面は多々あります。看護業界は脈々とそういう前時代的指導を受け継いでいる側面はあると思う。

・一体この理事長は何のために授業をしているのだろうか?授業の意味を理解していないと思われる。自主退学者に対してはちゃんと入学金や支払った授業料を返納させるべきだと考えます。

・ここだけではない。
看護学校は入学者が卒業時に半数もしくはそれ以下となっていることはある。国家試験の合格率の高さが招く闇だと思います。今にはじまったことではありません。

・看護師業界には陰湿な体制が存在する。
そうなる要因として、看護師の労働の対価として賃金が見合わない、産休育休で人材がいつも不足している、早期退職者が多い等、意欲が低下しやすいことが挙げられると思う。

人の命を預かる神聖な仕事というイメージのある看護師ですが、なるためには相当大変ですし上下関係なども厳しいと言われていますよね。

せめてなりたいと思った生徒は大切にして、立派な准看護師を育て上げてほしいなと思ってしまいますよね。

まとめ

以上、大橋ひとみ理事長について調べてみました!

このパワハラが本当に事実だとしたら、かなりありえないと思います。生徒たちがきちんと証拠を抑えていて、本当によかったですよね。

こんな音声が公開されたら、もう入学を希望する生徒もいなくなるのではないでしょうか?
これから理事長がどのように説明するのか、気になりますね!

-時事ネタ

Copyright© タカチャンネルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.