ニュース

吉田佳右の子供・嫁の顔画像と出身高校大学や経歴ががすごい!自宅マンション特定!

投稿日:


製薬大手「第一三共」研究員の吉田佳右容疑者(40)が、妻にメタノールを摂取させて殺害した疑いで逮捕されました。

メタノールを酒に混入して、妻の容子さんに飲ませた可能性があるとのこと。恐ろしいですよね。

いったいどんな理由で事件が起こったのか、詳しく調べてみました!

事件の概要

事件の概要はこちらです。

製薬大手「第一三共」研究員の吉田佳右(けいすけ)容疑者(40)が妻に対する殺人容疑で逮捕された事件で、吉田容疑者が数年前から妻と不仲で、逮捕前の任意の調べに「けんかの時に手を上げたことがある」と供述していたことが、捜査関係者への取材でわかった。逮捕直後に容疑を否認したが、その後、黙秘しているという。

警視庁幹部によると、吉田容疑者は1月14日~同16日朝、東京都大田区の自宅マンションで、妻の容子さん(当時40歳)にメタノールを摂取させて殺害した疑い。メタノールはアルコールの一種で、警視庁は吉田容疑者が酒に混入して容子さんに飲ませた可能性があるとみている。

2人は第一三共の元同僚で2010年に結婚した。その後、長男が生まれ、13年に購入した現場のマンションで家族3人で暮らしていた。容子さんは広告会社に転職していて、仕事は順調だったという。

捜査関係者によると、吉田容疑者の異性関係などを巡り、数年前から夫婦仲が悪化していた。食事も別々にとるなど家庭内別居の状態で、容子さんのスマートフォンには吉田容疑者と口論する様子を映した動画が複数残されていた。

逮捕前の任意の調べに、吉田容疑者は夫婦仲が悪かったことを認めた上で、「妻に手を上げたことがある」と話していたという。

二人は2010年に結婚し、長男が誕生。

その後3人で暮らしていましたが、吉田佳右容疑者の異性関係などで夫婦関係が悪化。

家庭内別居が続き、吉田容疑者は2022年1月に、酒にメタノールを混入させて容子さんに飲ませて殺害したとのことです。

容子さんは自宅で嘔吐し、1月16日に吉田容疑者が119番したのですが、急性メタノール中毒死で亡くなってしまいました。

夫婦関係の悪化から起こった事件といえそうですね。

吉田佳右がメタノール殺害した動機は?

吉田佳右容疑者の動機ですが、「家にメタノールを持ち込んだことはない」と供述していますが、容疑事態は否認しているようです。

勤務先で薬の開発を担当しているため、メタノールを持ち込むことができた吉田容疑者ですが、犯行自体はやっていないと供述。

ですが夫婦仲が悪かったことは認めていて、「妻に手を上げたことがある」とも供述しています。
実際、容子さんのスマホには口論の様子が動画で残されていたようで、夫婦仲がかなり悪かったことが分かりますね。

吉田佳右の家族構成(嫁・子供の顔画像)は?

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5c93685a3f3fa2c85010d084e2fbf7518da857e1/images/000

吉田佳右容疑者は3人暮らしで、妻の容子さんと長男がいます。

長男はいつ生まれたかは分かっていませんが、二人が2010年に結婚し2013年に現場となったマンションを購入。

よって長男は今10歳くらいかな?という印象ですね。

容子さんや長男の顔画像については、公表されていませんでした。

吉田佳右と容子さんの出身高校大学と経歴は?

吉田佳右容疑者は、北海道大大学院を修了後、2007年4月に第一三共に入社していることが分かっています。

このような情報もありましたが、留学に関しては信憑性は分かっていません。
もしこの情報が正しいとすると、

北海道大大学院修了後に、第一三共に入社
→新薬開発担当の研究室に勤務
→千葉大大学院に通いながら博士号を取得
→アメリカにポストドクターとして留学

また高校については、公表されていませんでした。

そして現在は、第一三共の品川研究開発センター(品川区)で薬品の研究開発を担当。長年第一三共で勤務をしていたんですね。

容子さんも、第一三共で研究員をしていて職場結婚をしています。
結婚したときに退社をされているようですが、容子さんもとても優秀だった可能性が高いですね。

自宅マンションの場所はどこ?

事件の現場であり、吉田佳右容疑者の自宅は「パークホームズ西馬込クリアコート」であることが特定されています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5c93685a3f3fa2c85010d084e2fbf7518da857e1

とても立派なマンションですが、自宅が現場となってしまったようです。
心配なのは、一緒に暮らしている長男ですね・・・。

世間の反応

・普通は別居から離婚を選択するだろうが、あえて殺人となると、並々ならぬ恨みや憎しみの感情がこの夫にはあったのだろう。妻も仕事をしていたわけだから、何か男のプライドを傷つけられるような態度があったのかもしれないが、

・なぜせめて別居しようと思わなかったのかな。結婚したことないから分からないけど、別居ってハードル高いもの?殺人するよりだいぶマシだと思うのですが。子どもから母親を奪って、自分の人生も棒に振るようなことして、高学歴なら死因を調べられることくらい分かるのではないかと思う。

・離婚するとなると自分の女性問題やDVが公になるし、経済面でも有利にはならない、親権も取れないだろうから何としても離婚したくなかったのでは。

・もう遅いですが、今は離婚する人も珍しくなくなっているのだから離婚すれば良かったと思います。お互い仕事を持てるスキルがあったのだから、離婚して離れた職場環境を選べばそんなにお互い傷つけ合う毎日を送らなかったのではないかなと。

離婚すればよかったのでは?というコメントが大多数でしたが、離婚できない理由があったのでしょう。

DVやども公になりますし、自然死を装ったのかもしれませんがすぐに調べがつくことくらい、分からなかったのでしょうか?

まとめ

以上、吉田佳右容疑者について調べてみました。

長男は、父が母を殺害したということでとても苦しい立場におかれてしまいましたね。とても心配です。

そして吉田佳右容疑者は、しっかりと罪を償ってほしいです。

-ニュース

Copyright© タカチャンネルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.