教育

いじめ行為をした50代教論は誰で名前は?滋賀県野洲市内の小学校はどこ?

投稿日:


子供と子供の間に「いじめ」がある話はよく聞きますが、担任教諭が生徒に対して「いじめ」をしていたことがわかりました。

50代の男性教諭が2年生の男子児童に、ひどいことを言ったり、クラスのみんなに無視を呼び掛けるようなことをしていたということです。

絶対にあってはならないことです。

子供を守るべき立場の教諭がいじめをしていた問題について調べてみました。

教論が児童にいじめ!

いじめがあったのは滋賀県野洲市の小学校です。

いじめたのは50代の男性教諭、いじめられたのは2年生の男子児童でした。

 

滋賀県野洲市の小学校で、50代の男性教諭が特定の男子児童を「みんなでスルー(無視)しよう」と呼びかけるなど、いじめ行為をしていたことが分かりました。市教委は午後4時から会見を開き、冒頭、西村教育長が「子どもを一番守るべき担任がクラスの児童に対しいじめを起こしてしまいました。保護者のみならず、児童にも申し訳ないことした。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪しました。

野洲市教育委員会によりますと、問題の教諭は、市立小学校で2年生のクラスを担任する男性教諭(50代)です。

今年5月以降、授業中に質問をした男子児童に対して「本当に言葉を知らんな」「みんなでスルーしよう」などと、数回にわたり発言し、周りの児童らも同調するようになっていったということです。

今年7月の3者面談では、男子児童の保護者に「お子さんは発達障がいなので、検査を受けるべき」とも発言。

保護者からの指摘を受け、学校側は、教諭に聞き取りした結果「いじめ発言があった」と認定しました。

教諭は先月中旬から「体調不良」により、休職しているということです。

男子児童は、学校を休むことなく登校しているといいますが、学校側の聞き取りに対して「言葉を知らなかった自分が悪い。ただ、同級生からも同じような言葉を言われたことは嫌だった」と話したということです。

(記事引用元:Yahooニュース)

 

 

これで「体調不良」で休んでいるって…自分のしたことで自分が体調不良って言い訳さえ怒りがわきます。

 

すでに担任は交代して、現在は新担任がクラスを受け持っているそうですが、いじめをした教諭からクラスに児童にむけてこんな手紙が届いたということです。

「先生のように人を傷つける言葉は絶対に言わないでほしい」

 

そんな簡単なことを問題になるまで気づかないでいたのでしょうか。

言葉は人を傷つける暴力であることを教えなければいけない教諭が、ちょっと質問の多い面倒な男子児童をいじめていたのです。

 

本当に許せないことです。

いじめの内容は?

50代の男性教諭が行ったいじめはこのようなことです。

 

・「〇〇ってどういう意味?」と何度か尋ねてきた被害児童に対して

「〇〇君は本当に言葉を知らんな」

と質問に答えるのではなく切り捨てる発言を週に2~3回していた。

 

・被害児童の質問に対して

「うるさいなあ」

「〇〇君の言うことは、スルー(無視)しよう」

とクラスの児童に向けて発言していた。

 

・被害児童の保護者にたいして

「ADHDなので、早急に発達検査を受けるべきです。薬を飲んだら落ち着くんじゃないかな」

と質問の多さへの苛立ちから専門外のことを言い不安にさせていた。

 

・1学期の終わることに

「今日はI学期のまとめとして言葉クイズをします。みんなのためではなく、言葉を知らない〇〇君のためにします」

と発言していた。

 

わからないことに対する質問で苛立つというのは、教師としてどうなのでしょうか。

2年生ぐらいの小さな子供は知らないことがたくさんあり、また好奇心も旺盛な時期だと思います。

 

わからないことを教えて欲しいと質問する生徒にたいして、このような態度をとっていたこと、しかもクラスの生徒にみんなで無視しようといった呼びかけは許せません。

 

そして保護者にも発達障がいの検査を進めるなんて、この先生おかしいですよね。

 

自分がちょっと物忘れした時に「認知症の検査受けたらいいんじゃないですか」と言われるのと同じです。

教論によるいじめがあった小学校はどこ?

いじめがあった小学校は、滋賀県野洲市の市立小学校ということです。

 

Googlemapで確認したところ

・野洲市立野洲小学校

・野洲市立中主小学校

・三上小学校

・野洲市立北野小学校

・野洲市立祇王小学校

・野洲市立篠原小学校

 

6つの小学校があることがわかりました。

 

この中のどの小学校であるか特定することはできませんでした。

いじめ行為の教論は誰で名前は?

いじめを行った教諭は誰なのでしょうか。

報道では氏名は発表されていません。

 

名前:不明

年齢:50代

性別:男性

担当:小学校2年生 クラス担任

 

ここまでしかわかりませんでした。

 

50代ということですが、考え方が偏っていたのでしょうか。

一つ一つの質問にたいして納得がいくように、時間外にでも説明してあげることはできなかったのでしょうか。

 

苛立っていたということですが、男性の更年期障害でもあったのでしょうか。

 

もしもともとこのような短気な性格なら、学校側も物分かりがまだ悪い低学年の担任にしたことも間違いではなかったかと思います。

世間の反応

教諭のいじめ行為に対する世間の反応がこちらです。

こんな教師最低だという前提で、少なくともこの段階で明らかにすることができたのは良かったんじゃないかと思う。

何と比較して「早い」「遅い」なのかと思うけど、少なくとも問題があったことを明らかにできたのは、旭川の教育委員会のケースなどと比べると健全だったと思う。

学校というのは子どもを人質にとられている場所だから親は時に弱い。

かと思うと、恐ろしいくらい怖いモンペもいるわけだけど・・・。

ちゃんと家庭と学校の連携を保って、問題は早めに解決していけたらいいなと思う。

先生だって家庭だって完ぺきではないから補いあって子どもの成長を見守れたらなと思わされました。

 

検査をすすめること自体は、場合によっては子供のためになると思うけれど、この人の場合は、子供のためではないのは明らか。発達障害への差別意識もあるように見受けられる。

学校がちゃんと対応をできたのは良かったと思うが、なぜこういう教師が生まれ、のさばってしまうのかは検証が必要だと思う。

 

やった事は最低だけど

しっかり事実確認をして

本人も認めて謝罪して

問題を明らかにして

担任も交代してる。

学校側としてはきちんと対応した方だと思います。

児童の受けた傷も大きいと思うけど

きちんと自分の言葉で気持ちを言えていて

小2なのに素晴らしい子だと思う。

賢い子だと思います。

自信を持って育っていってほしい。

反面教師として

子供達には強く印象に残る出来事だと思います。

何も経験しないより、強く、このことが残って行くと思うので

教訓から学んで真っ直ぐ育ってくれるといいなと思います。

 

自分が言葉を知らないから悪いと言う児童の答えに胸を締め付けられる思い。

スルーしようと言われた時に児童がなんと言っていたのかは分からないけど、小2が言葉を知らなくて当たり前。理解の速度は人による。発達障害かどうかも全く分からないしそれこそグラデーションがあると思うけど、担任教師の言葉として不適切なのは間違いない。

ただ、教師も心を病んでいたのかもしれないと思うとそれはまた別に気の毒かも。反省して残された子供たちに自分のように人を傷つけたらだめだと伝えられたのは良かった。

いじめがあっても隠蔽しようとする学校も多い中、ちゃんといじめがあったと認められるのは救い。

いじめがあったことは問題ですけど、きちんと調査もして関係者や世間にも謝罪をして早急に解決できたことは本当によかったです。

この50代の教諭はこれからどのようになるのでしょう。

まとめ

担任の教諭からいじめを受けたら誰に助けを求めればいいのでしょうか。

まだこの児童が学校に通えるくらいの状態だったのがせめてもの救いです。

心を傷つけて学校に通えなくなっていたらそれは本当に悲しい事ですから。

このような教諭が担任であったことはクラス全体が不幸かもしれませんが、これを真似るのではなくこんなことはしてはいけないんだと学んで、人に優しく成長していって欲しいと願います。

-教育

Copyright© タカチャンネルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.